HUMANOTEのいわゆる「組み合わせ爆発」に対するアプローチ

知識型/論理型AIでは、常に考える必要があります。

前回の金沢市のブランドの審査会では、緊張して、このうち、1)しか答えられなかったのですが、

HUMANOTEでは、大きく3つの対策があります。

1)一度に適用する知識単位の絞り込みと別の知識単位への推論途中結果(や利用者文脈)の持ち越し(特許出願2件)
2)半自動目視枝刈りによる、有望でない推論方向の枝刈り(特許出願1件)
3)部分推論結果のキャッシュ(動的外部知識引用にも対応した特許出願1件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です