HUMANOTE

HUMANOTEは、当社独自の「言葉方程式」と「中学Prolog」を用いた自由文による思考プログラミング環境(「論理サーフィンブラウザ」を兼ねるです。

◆日本語Win10_64ビット専用オープンベータ版(github)

標準的な論理プログラミング言語Prologに比して、以下の特長をもち、小学生でも、少しの勉強で、お手持ちのパソコンを「AIフレンド」に変えていくことができます。

0)自然言語に変数を埋め込んだ言葉方程式を用いる
1)言葉方程式を用いて規則(思考ルール)を表現
2)ネット更新される最新情報(事実、規則)を実行時に相互参照

「AIフレンド」は、ふつうの「AIスピーカ」ではなく、小学生でも「自分の言葉」(自由文)で知識や本格的な思考方法を教え込めるものです。このため、答えの根拠や思考過程の説明が容易な「論理型のAI」に分類されます(ディープラーニング等の機械学習とは異なる)。

当社では、「本格的に考える力をもった自分だけのAIスピーカ」を論理的にプログラミングする経験を通じ、以下のような、「AIを自分の心と言葉で定義する力」を21世紀を担う子供達に与えて頂ける学校や塾、先生方とのマッチングを希望しています。

A.(連立)言葉方程式(国語・算数・理科・社会の穴埋め問題)
B.構成要件(国語全般、算数の連立方程式やベン図)
C.再帰的三段論法(算数の応用問題や数学の証明問題)
D.ネットの最新の知識や情報の引用(学ぶ楽しみとチャンスやリスクの発見)
E.科学的/倫理的なタブー(強い否定)や価値観・程度の定義と、それに沿った自動アイディア合成(理科・社会・道徳を更におもしろく!)
F.証明不能(弱い否定、該当例なし)とは?

関連知財
報道・出展等
特定商取引法に基づく表示

標準的なPrologとの違い

A.自由な文型・語彙で事実や規則を記述
※ flexible-ontology
B.()や,のない無境界ユニフィケーション
※ open/borderless-unificication
C.変数の束縛(探索)は基本的に幅優先
D.ネット等から最新知識を実行時引用
E.科学的/道徳的に「ありえない」強いNOTも使用可能
F.重みの和の閾値等、知識表現の実用性をあげる各種OR
G.独自の価値観定義と強いNOTに即した解合成が可能
H.主プログラムを動的に切替えながら対話文脈を本格管理

ブログ

会社概要

◆設立 2001年8月
◆本社 石川県金沢市松村2-95丸誠商会ビル2F(板橋から移転)
◆電話 076-213-5211 Fax(5239)
◆資本金 400万円

◆代表 中村 圭介 (NAKAMURA Keisuke)
◆HP https://knowrel.com/

◆業務内容 AIを用いた教育ソフトの研究開発・販売・受託開発

◆理念
お客様の知れる、慣れる、成れるにお仕えし、21世紀の人類の知に最も貢献した企業になること。
前半は、AIと教育と「生きがい」に技術で貢献する。
まず、「AIを心と言葉で論理的に定義できる力」を子供達を中心に普及する。

◆歩み
2001年 8月設立(有限会社)
2004年 言葉方程式データベースVLANKを発表
2005年 Walls&Pillars(壁と柱のあるリバーシ)WEB版、JAVA版を発表
2007年 LinkedOpenRPGの研究開発開始
2008年~2010年 知財系の大規模プロジェクトに参入 
2011年 「言葉で考えるコンピュータ」の開発を開始(株式会社丸誠商会と共同)
2013年 「一億総発明家&哲学者」の理想を掲げる
2015年 「中学$Prolog」を発売
2017年 「HUMANOTE/中学$Prolog」を発売

お問い合わせ

◆メール
keisuke@marusei-sk.com
keisukebecome@icloud.com

◆FAX
076-213-5239
+81-76-213-5239

◆お電話
090-5347-2931