標準的なPrologとの違い

image_pdfimage_print

A.自由な文型・語彙で事実や規則を記述
※ flexible-ontology
B.()や,のない無境界ユニフィケーション
※ open/borderless-unificication
C.変数の束縛(探索)は基本的に幅優先
D.ネット等から最新知識を実行時引用
E.科学的/道徳的に「ありえない」強いNOTも使用可能
F.重みの和の閾値等、知識表現の実用性をあげる各種OR
G.独自の価値観定義と強いNOTに即した解合成が可能
H.主プログラムを動的に切替えながら対話文脈を本格管理